椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

患者数が多い

男女

年々患者数が増えているとされている病気に、自律神経失調があります。自律神経失調症は、なんらかの原因で交感神経と副交感神経の働きがおかしくなるもので、様々な症状が出てきます。また、身体的だけでなく精神的にも情緒不安定になることや、気分の落ち込み、不眠症などうつ病に近いような症状を示すことがあります。自律神経失調症かもしれないと感じたら、病院を受診することが大切です。まず、病院を受診するにあたりどこに行くのか不明なことも多いですが、自分の不快な症状が強い所に診察に行くことが大切です。耳鳴りやめまいがひどいという場合は耳鼻科、身体のしびれなどを感じている時には整形外科、眼精疲労などは眼科など、自分の症状に合わせて病院を選びましょう。自律神経失調症に似た別の病気という可能性もあり、吹かない症状について適切な治療を行なうことで、完治することもあります。

血液検査や、レントゲン等でも異常が特になく、治療を行なっても症状が改善しないという場合は心療内科や精神科で自律神経失調症の疑いがあるか判断してもらいます。これまでの身体に出ている不具合などもしっかりと医師につたえることが大切です。また、他の診療科目にかかっている人が、医師の勧めで自律神経失調症の疑いがあるので、受診するということもあります。自律神経失調症と判断された場合は、様々なケアが行なわれます。主に薬物療法や、マッサージや鍼灸などの理学療法、心理療法や漢方薬を用いた治療など様々なことが行なわれます。肥満症に関する治療も同じく、メンタルケアが行なわれます。肥満症を同時に治療したいという場合は併設されている科で治療できることもあります。

Copyright© 2017 椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談 All Rights Reserved.