椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談

がんと闘うために

ハートと心電図

近年がんになる人は年々増えていると言います。食生活の乱れやストレスなど、昔では考えられなかった原因によってがんになるのです。その治療法は様々で、そのがんになっている部位を取り除くことはもちろんですが、抗がん剤治療なども広く知られています。また、最近では免疫療法も行われるようになりました。免疫療法とは、元々人が持っている免疫細胞の機能を高めることによってがん細胞に対して攻撃を促すものです。抗がん剤治療などでは、外からがん細胞を退治することを目指しますが、免疫療法は人の内側からがん細胞を退治することを目指します。そのため、他の治療法と比べてもその副作用が少なく、患者本人が辛い思いをせずに済むような治療法とも言えます。

免疫療法には大きく二つの治療法があります。まず、活性化リンパ球療法と呼ばれるものです。患者本人からある一定の血液を採取し、そこから細胞を活性化させます。その活性化細胞に刺激を与え機能や働きを良くし、患者本人の体に戻すことによって、がん細胞に働きかけるのです。この方法だと、痛みなどは特に伴いませんが、がん細胞を攻撃する細胞だけを増やしていくことは難しいと言えます。次に腫瘍浸潤Tリンパ球療法です。この治療法は、患者のがん組織の周りについているリンパ球を取り出し、それを増殖させた上で体の中に戻すものです。この方法であれば、活性化リンパ球療法と比べて、がん細胞のみを攻撃する細胞を作ることが可能となります。がんの治療法は画期的なものが導入されていますが、やはりメディカルダイエットも使って健康な身体を作っていくことが大事です。肥満を放置しているとがんの発生にも繋がりますので、メディカルダイエットの活用をするのも大事です。

Copyright© 2017 椎間板ヘルニアも肥満症も改善しよう|専門家に相談 All Rights Reserved.